日々のひとりごと19 ーthe Blending of script and breakー

text1:地方の再開発された駅周辺街並みを見学して・・・


ショッピングモール(SC)の運営の難しさってありますね。どうしても流行り廃りがあること(リーシングにも当然限りがあるでしょうし)、エリア内の競合との関係性、そしてECとの競合。先日東海市太田川駅周辺に用事があり行ってきました。行政としてはここをシンボリック(な街)にしたいと考えているかと思います。そこには、大学あり、大学と連携したカフェあり、一部行政機関あり、劇場あり、多数の飲食や歓楽施設あり、駅前や駅周辺には当然住居エリアあり、そして・・・ショッピングモールあり。そのショッピングモールは、先日ニュースで話題になっていたドンキホーテ・ユニーHDによるアピタ→ドンキホーテです。平日の昼前後ということもあり、そしてコロナ禍の影響もあってか買い物する人、そもそもこの周辺を歩いている人自体が少なかったわけですが、ここにドンキを投入してくるということはやはり、駅周辺を再開発して間もないので発展途上なのでしょうか。元々この地域はモノづくりでも日本を代表する大企業が牽引する街で、とても潤った豊かな街のはずなので、それ以外に思い当たりません。

 駅前再開発での面白さは、新しい店と外見が新しくなった老舗の店が混在しているところです。老舗の店は外見が新しくなったとしてもノウハウがあるわけなのでとても味があるわけです。例えば、飲食でよくいわれてますが、リニュアルしたら味が落ちた、という話。企業努力は当然してもらいたいのですが、新旧が楽しめる空間という付加価値を感じることに意味がある気がしてます。

♧まる兆さん

上うなぎ重ご飯大盛りをいただきました。カリフワなのはもちろん、うなぎの肉厚といいますか、弾力がありとても食べ応えがありました。ごちそうさまでした。

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるようなモノコトを探索します。 コンシャスネス・トゥ・ディストリクト ローカルズナレッジ(NPO)