日々のひとりごと27 ーthe Blending of script and breakー

text1:穏やかな住宅地の魅力をどのように伝えるか?


高蔵寺ニュータウンより南、高蔵寺駅より西にあるエリア、中部大学の前の旧19号より細い路地〜橋を渡ると急に開けたエリアがあります。買い物施設、娯楽施設、飲食店など揃っていて、ここも「高蔵寺」の一エリアとされてます。神領、高蔵寺エリアでの新しい住宅地として開発を重ねており、新旧混合しているところが面白いです。ただ、住宅地であるゆえ、そこには日常使いするには面白い、という一文付きで、特別な娯楽施設があるわけではないので、遠方からわざわざ来て楽しむ、ということはおよそ無いと思います。ただ、それも複合にすると違った味わいがあるような気がしています。ここからは勝手な考え方ですが、ちょっとした学びを得るために中部大学で過ごし、その後カフェなどで食事をし、河川敷で休憩をし、雑貨体験できるイベントなど店舗が行うちょっとしたイベントに参加する・・・。小さなイベントを組み合わせると面での魅力になる、そんな仕掛けができると面白いと思っています。

♧カフェムクさん

モーニングをいただきました。厚切りベーコンがとても美味しかった!店内の雰囲気も明るくて居心地よいです。今度はランチでお伺いしたいですね。

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるようなモノコトを探索します。 コンシャスネス・トゥ・ディストリクト ローカルズナレッジ(NPO)