日々のひとりごと29−1 ーthe Blending of script and breakー

Text1:穏やかな住宅地の魅力をどのように伝えるか?パート2


このシリーズは、永遠のテーマかもしれません。どこまでいっても、地域の魅力をどのように読み解くか、ということからの、この地域バージョンになるからです。

地理学的には、仮説と論理的比較とフィールドワークによって読み解いていくのでしょう・・・。そこまでやれてないエリアが多くて、さらに一般的な住宅街を切り込むのはなかなかタフな気がしてます。ただ、不可能ではないのでしょう。これも切り方だと思うので。

この旧19号神領エリアにある中華料理店でランチをいただきましたが、「ヒトサラ」さんでみると、なぜかオシャレですね。写真の撮り方やそのシーンを切り方なんだと思います。コピーは実直です笑、本格シェフによる本格中華料理がこのボリュームとこの金額でとてもバリューある、と紹介されてます。面白いですね、これ。スタッフさん含めて本場の方なので、料理は美味しい・・というか日本人の口に合わせてくれてます。

♧喜福園(しーふくえん)さん

とにかくボリュームが多い!某大学の先生オススメで、今回はランチをいただきましたが、5名だと、食べ飲み放題というスペシャルなメニューがあるのです。

♧ヒトサラ
https://hitosara.com/0005017723/

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。 コンシャスネス・トゥ・ディストリクト ローカルズナレッジ(NPO)