日々のひとりごと37−1 ーthe Blending of script and breakー

text1:ライターズ編集会議とタラレバ未来会議Pt1


地域情報誌1月号が校了したすぐに、次の3月号の編集会議を行うことになりました。もうすぐ年末。そして年始は、何かとモノコトが進まないので、今のうちに固められることは固めようという話です。3月号の題材はすでに決まってました。小牧山WEBサイトと同時に進めていた「お家de小牧市民まつり」というWEBサイト(作品集5)で、その裏側なのか何らかのインタビューを想定していたのです。そういったテーマをもとに編集会議は繰り広げられます。

 ちなみに、そのWEBサイト自体の企画・制作を担当させていただいたわけですが、WEBサイト構築をするきっかけは遡ることコロナ禍第一波の4月に自分自身の苦い想いから提案をしていくことになります。ローカルズナレッジ(NPO)は2019年、記念すべき令和元年の12月3日に設立をし、その後行政や各機関、NPOセンターへの書類提示などの時間に費やされます。実際に活動開始できたのは2月からでした。もともと地域情報誌に「ローカルズラウンジ」としてコラムを掲載していたので、それを自走しながら地域情報誌のリニュアルを少しずつ進めていました。そのリニューアルを果たすことが、今ある地域情報誌の形を変え、地域の魅力をもっと伝えることができると考えていたからです。さあ、ようやくメンバーを集めて会議をし、具体的にしていくぞ、と意気込んだすぐに新型コロナウイルス感染症拡大により緊急事態宣言が発令されました。

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。