日々のひとりごと57ー1

text1:サステナブルについて考える


ここのところ約2カ月の間いろいろとあり、ずいぶん久しぶりの更新となりましたが、ボチボチ再開していきたいと思います。

 日経に排出量取引の話題が一面に出てました。国全体の排出量の削減目標を念頭に、政府が企業に排出量の上限を超える企業は、余裕のある他の企業から排出枠を買うというカーボンオフセット的発想のものです。これ、すでに日本は国としてEUへ支払いをしておりそれが億単位だという話を聞いたことがあります。

 この排出量価格が欧州では急騰していくということと、中国も導入するということで世界は盛り上がってきているのでしょうか。

 私見ですが、アメリカがバイデン政権へと移り変わったことで、日本では結構脱炭素化の話題が表に堂々と出てきた感があります。SDGsはブームのようになってきましたし、レジ袋の有料化、今後のスプーン問題など小さな環境問題が取り沙汰されてます。日本は島国であることや災害による電子力発電へのマイナスイメージから火力に頼らざるを得ない現状もあるようですが、EUやアメリカ、中国に負けない力をつけないとなかなか困難なことが多くなる気がします。ハイブリッドからEVへの移り変わり、水素発電で頑張る日本、、だが、、・・それらを紐解くと、いや、紐解かなくても物語ってますよね・・・


◆日本経済新聞/CO2排出量取引の相場3割上昇 日本の負担、年2.6兆円もhttps://www.nikkei.com/article/DGXZQODB121RE0S1A210C2000000/



【今日のめし】

♧ハングリさん

定期的にいただきたくなるセットです。

ローカル店として、「地域資源」レベルのクオリティ高い食サービスを提供されてます

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。