日々のひとりごと57ー4

text4:賞金1億円をかけたサステナブルプロジェクト。世界のファッションデザイナートムフォード氏が、アップサイクルを徹底したエシカルプロダクトを発表


トムフォード氏によるこのプロジェクトは、セレブリティはもちろん一般の方でも理解できるサステナブルを意識した活動です。その活動とは、まずシンプルなスタイルで短針に特徴をもたしたトム フォード タイムピースN002シリーズの新ラインナップとして「トム フォード オーシャンプラスチック タイムピース」(以下、OPT)を開発。これがとてもエシカル(倫理的)でサステナブルなプロダクトなのです。

 現在、年間推定800万トン以上のプラスチック廃棄物が海に流出しているといわれてます。このOPTは海洋や海岸、管理がずさんなごみ埋⽴地で回収された海洋プラスチックのみを原料とし、OPTを一本購入することで35本分相当のプラスチック廃棄物を永久的に除去されることになるのです。そしてOPTはスイス製ですが、世界のプラスチック問題への対策に取り組むメーカーとの共同開発・製作なので商品思想からプロダクトデザインまでしっかりしています。また決して未使⽤のプラスチックや海洋関連以外のプラスチックは含まれておらず、原料を回収した場所も明確にされています。海洋プラスチックの顆粒輸送はカーボンニュートラルで、スイスでの製造も太陽エネルギーで⾏われているという撤退ぶり!

 さらに、商品づくりに留まることなく「トム・フォード・プラスチック・イノベーション・プライズ」を設立し、現在ポリ袋などに広く使われている薄いプラスチックの代替となる、大量生産可能な新素材を開発したイノベーターに、100万ドル(約1億円)の賞金を授与するというサステナブルでありイノベーティブなイベントも立ち上げ、社会貢献性の高いプロジェクトとなっています。

 実際のOPTは、とても廃棄物とは思えない仕上がり。ケースやラグはマットな仕上がりで若干ラギッド・・・まではいかないのですが、表面は少し粗目なところが、海洋プラスティック再利用した感なのかもしれません。さらにOPTは、プラスチックケースに収納されてますが、これもプラスチック廃棄物の再利用とのことで、つくり手による同商品への品質思想をとても感じます。

 その割に費用はとてもお求めやすい価格帯です。確かにリサイクル品でありカーボンニュートラルを意識しているとはいうものの開発コストなどを考えると、もっと高額になってもおかしくないと思います。相当このプロジェクトへ想いを込めているからでしょう。このように徹底してサステナブルを意識し実現に向けて工夫を重ねることこそが、この時代におけるアップサイクルの潮流ではないかと感じます。

 今後もトムフォード氏のようなアーティストやアイコンが象徴的なプロジェクトを立ち上げ、社会のソリューションへとつなげてくれると、もっと社会は豊かで且つ面白くなると思います。

Courtesy of Tom Ford Timepieces

◆VOGUE/賞金1億円! トム・フォードがイノベーション・プライズを立ち上げ、海洋プラスチック製の腕時計をつくった理由を語る。
https://www.vogue.co.jp/change/article/it-takes-the-equivalent-of-35-bottles-of-plastic-waste-to-make-one-tom-ford-ocean-plastic-watch-cnihub


◆協力/ISHIDA ONLINE 株式会社ベスト販売
https://online.ishida-watch.com

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。