日々のひとりごと64ー3

text3:ニューノーマル時代の地域活性化


単純にオンラインということだけではなく、表現するのに容易だったイベントをどのようにニューノーマル時代に即した形にするかはポイントだと思います。ソーシャルディスタンスをすればよい、それを元に工夫してレイアウトすればよい、ということだけではなく、学びや気付きをどのように伝えていくのかが大切だと思います。SDGsはそういったこと、ベクトルを合わせるのには十分にイベント色が強いのでとても良いのですが、それよりも持っている「地域資源」が何なのか、ということをその地域のフィロソフィーとして持っておく必要があると強く感じています。その探索を、これからもっと研究をし、学術的に展開できるように学びながら発信していきたいと思います。

 記念することはできませんが、「ローカルの間」設立1周年ということで、ここでリポートを披露したいと思います。日本地理学概論となりますが、荘園制度の構造と幕藩体制についてです。歴史を紐解くことで現在やこの先に役立てられる場合もあるはずです。

「ローカルの間」は、グルメレポートではなく、例えば食を、例えばまちづくりを、例えばサステナブルという考え方での「地域資源」をどのように「地域価値」として発信するかを模索しています。その現在進行形が、この「日々のひとりごと」であり、SNSでの発信なのです。


【今日のめし】

肉汁餃子製作所ダンダダン酒場さん

千種店です。二次会で利用した都合で、餃子数個しか食べられませんでした・・・。

ジュワっと口にひろがる肉汁は、まさに「肉汁餃子」です。さらに製作所とつくイキな名称と「ビールと餃子は文化」といいきるコンセプトには、店員の方の妙なモチベーションが入ってのことでしょう。

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。