EDITORIAL NOTE〜編集後記〜81-3

text3:理想的なパティを見つける

さて、アメリカンダイナーの牛肉のうまいパティを求めて探した結果、決めました、ここなら味も雰囲気も間違いないだろうと。どちらを選定したかといいますと、

ヴィレッジヴァンガードダイナー(ヴィレヴァンダイナー)さんです。

ショッピングモールにあるお店でしたので、フードコートに入っており店内の雰囲気こそ味わえないのですが、元々ヴィレヴァンさん自体、名称通りアメリカを意識した雑貨屋さんなので、アメリカというコンセプトは踏襲しているのです。ところで、ヴィレヴァンさんは、名古屋市天白区に1号店があり発祥の地。個人的には2号店である長久手が好きで、よく遊びに行ってました。JAZZをBGMにオシャレな雰囲気と裏腹に設置してある商品はゴチャゴチャ感、個性的で見ていて楽しいポップ、ベーシックなものから安くないけど面白いもの、流行りものを結構押さえてるというあのセンスがお気に入りの理由です。
 今回は、ダブルチーズバーガーをいただきました。かなりのボリュームで、そのまますべてを食べられず、結局バンズ、パティ、レタス…と別々で食べることにしましたが、確かロスで食べた時もそのようにして食べたような。
パティ、とても美味しい!
この味わいや口に入れた時の感触と雰囲気、まさにロスのハンバーガーと同じ?近い?ですね。

…実は厳密には覚えてなかったです(笑)。記憶がよみがえらなかった。もしかしたら、今後どこかのダイナーでよみがえるかもしれません。

でも、とても美味しかった。さすがヴィレヴァンダイナー!
ポテトも甘くてしょっぱい味で美味しかったですよ

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。