NO.13

◎theme:
「こまきこども未来大学」キックオフ&ユースミーティング
はじまっています。子どもたちと共にみんなで成長する街へ。
◎publication/intro feature:
地域情報誌・月刊「ぶるぅむ」3月号
◎objective:
内閣府「SDGs未来都市」に認定された小牧市。「こどもを中心にすべての世代がつながっているまち」を目指していますが、その具体例や地域コミュニティに関して3回シリーズ、NPO法人こまき市民活動ネットワーク監修・協力のもと展開。第2回目は「こどもこまき未来会議」の一環、こまきユースミーティングへ取材しました。この取材では、若者が中心となって会を進めていますが、目的は企業と若者が一緒になって未来はもっと豊かにする。豊とは、持続可能な社会づくりをしていくこと。そして、それに対してどう向き合うか。その設定の場なのです。人口15万人が多いか少ないかで判断できない、こんな取り組みがなされていることはとても大切であり、もっと広くご注目いただきたい話題なのです。
◎handle:Writers Creative and Craftsmanship division/ローカルの間

ひととまちコーラボ

The "Hito To Ma-chi co-Lab" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。