EDITORIAL NOTE 〜編集後記〜100

text1:HPリニュアルに関して

おかげさまでHPリニュアルを行うことになりました。
名称は「ひととまちコーラボ(Hito TO MA-CHI co-Lab)」です。
TOPページにある通り、新たに研究活動を行うことになりました。それにより、「ローカルの間」という名称ではなく、それ以上に大きな括りが必要で名称からリニュアルすることにしました。
名称の由来は、これもTOPページに簡単ですが記載しました。詳しくは、ここで紹介するかページ追加するか、改めてご案内します。
 ここでは、各コンテンツのご案内をします。

【ひととまちローカルレポート(作品集)】
当法人の中でも私を含め数名で活動しているクリエイティブチームがあり、そのチームで主に地域情報誌の巻頭特集を制作してます。コンセプトやライティングを私が担当してますが、ディレクターやデザイナー、コーディネーターなどのチームです。そのチームは「ライターズ・クリエイティブ・アンド・クラフツマンシップ」といいます。情報誌にも本HPにもクレジットはあります。地域コミュニティや地域にある仕組みをローカルレポートとしてお届けします。


【ひととまちづくりをレジリエントな視点で研究する会(エッセイ)】
レジリエントなまちづくりという観点から地域コミュニティを洞察するなど研究活動・論文を作成するにあたってのメモを掲載していきます。

※新設で準備中。整い次第オープンします

【ひととまち編集後記~EDITORIAL NOTE~】

さまざまなプロジェクトや地域情報誌での取材や記事に対する編集者/ライターとしての考え方や根幹となる経緯、取材メモに加え、日常的な話題など雑談含めて不定期配信します。
“地域資源をどう地域価値として伝えられるか”を、ひととまちを真ん中に据えて、、という固そうなテーマを、美味いもん喰って、旨い店と地域とのつながりを気楽に研究する会です。

【ひととまちと美味いもん研究会/Instagram】
編集後記での美味いもん研究会をビジュアル特化したページでInstagramと連動します。

【地域情報誌コラム掲載】

地域情報誌へコラムとして掲載、当法人が発足前から地域の魅力発信として活動してきた「ローカルズラウンジ」やコロナ禍第一波の時の飲食店向け応援企画「テイクアウトでグルメごはん」、飲食店向けレポート「ローカルズラウンジレポート」を掲出します。


以上、宜しくお願いします🙇‍♂️


♧横綱さん
岐阜県土岐市にあるうなぎ・懐石料理「横綱」さん。表面はカリっとしながらも、中身は”ふわ”っとしたあの感触がたまりませんね。とても安定してます。

ひととまちコーラボ

The "Hito To Ma-chi co-Lab" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。