NO.17

◎theme:実際の生地にふれて感じてみよう。オーガニック(自然)、マテリアル(素材)、そしてつくり手のインスピレーション(想い)。世界中からセレクトする環境にやさしい子ども服を。「ククべべ」


◎publication/intro feature:
地域情報誌・月刊「ぶるぅむ」11月号

◎objective:
タイトル通り「実際にふれてみてその良さを感じる」ことをおすすめします。正直、インタビューでは伝えきれないものがそこにはあります。小説はもちろん、エッセイやコラムでも、創作するストーリーによってドラマティックになりますが、このローカルレポートはストーリー性はありながらも、魅力に感じた事実を的確に、ビジュアルと共にテキストで伝達する他ありません。インタビュイーの方は、ご家族からプレゼントされたベビーアルパカのカーディガンについてや、お子さんの肌は化学繊維の服に敏感だったと語っています。そのシーンはそれぞれ、この紙面では体感できません。当然、こちらのセレクトショップへ行っても、体感できるものとはいいきれませんが、その想いからその空間やセレクトされた商品が存在しているのです。それを意識しながらショッピングすることでの新たな発見があるはずです。


◎handle:ライターズ・クリエイティブ・アンド・クラフツマンシップ

ひととまちコーラボ

The "Hito To Ma-chi co-Lab" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるような モノコトを探索します。