#1:地域にとっての「書」を考える(TEXT1)


TEXT1:なぜ地域は「書のまち」と言い切るパワーがあるのか



尾張国上条の話・・・。

春日井市は、「書のまち」と掲げている。市役所にも大きく掲出され、松河戸地区には、「小野道風記念館」まで存在する。

元々は小野道風の生誕地、いや厳密には“誕生伝説地”とされていて、あくまで伝説なのだ。

しかしその伝説は古く、江戸時代からの言い伝えと言われている。そしてその言い伝えは「小野朝臣遺跡碑」という遺跡に記してあるとされている。小野道風のプロフィルは省略するが、平安時代の三蹟と言われ、日本の書の文化(和様の書の創始者)であることは記載しておく。

今回の取材は、春日井市議会議員である、林克己議員と金澤陽貴議員にご協力をいただいた。

ローカルズラウンジ

Locals Lounge ”KEEP IT LOCAL by Journalism” 「地を知り、地に親しむ文化・価値観を形成しよう」 Author/text_YatchHakata@ローカルズナレッジ Locals Knowledge specified nonprofit corporation