スクリプトアンドブレイク2−5ーthe Blending of script and breakー#25 ローカルズラウンジレポート

text5:地域への還元と小牧市でスクールを運営するのは・・・


アイリスジャパニーズランゲージスクール は、海外からの学生を受け入れる以外に、すでに日本国内の企業で働く外国人技能実習生や特定技能外国人、外国人高度人材を対象とした特設授業も開催しています。これはコミュニケーションがうまくできないことから、生産性の低下や安全性への懸念など通常業務に影響が出るケースもあることから職種にあったカリキュラムを用意することになったという。

当然、どの企業でも対応はしているが、モノづくり都市である小牧市にとっては頼もしい存在でしょう。大きな地域貢献といえます。

最後に何故、小牧市でスクールを運営しているのか・・・。もちろん小山田理事長が小牧市出身であり、派遣事業や職業紹介事業を手掛けていたことは大きい。しかしそれだけではなく、松井校長いわく、小牧市は働く場として生活する場として、歴史を学ぶ場としてコンパクトにまとまったバランスのよい都市であるといいます。情緒ある風景をのぞみ、緑も多い澄んだ空気を吸い、学び働けるというこの地域の良さをご存知でした。そしてその環境下において同校の特長「安心安全」で、授業はもちろん進路指導や人間関係構築を通じて日本の文化を教えていくことを学生に認められ“学生満足度日本一”になるように目指して伴走し続けることを強く語ってくれました。


(写真)松井直人校長と筆者の対談シーン


◎#2 script and break(after Interview)

キッチン天の川

取材後に立ち寄り。明るくゆったりとした店内と甲高い気合の入った店主のいらっしゃいませコールが印象的。オムライスとカニクリームコロッケのランチセットをいただきました。ふわとろ卵と洋食屋王道の濃度の濃いカニクリームコロッケに満足しました。

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるようなモノコトを探索します。 コンシャスネス・トゥ・ディストリクト ローカルズナレッジ(NPO)