スクリプトアンドブレイク6−3 ーthe Blending of script and breakー #29 ローカルズラウンジレポート

text3:地域の憩いの場は、地域の魅力になるのか(3)


盆明け一発目となる鳥プロジェクトさんたちとの打ち合わせ。プロジェクトの会長、事務局員、それぞれの関係者をご紹介いただき、趣旨をお話しした。ポイントは、ニューノーマルというように、このコロナ禍によって多様化といいますか、変化するライフスタイルに応じて、今何ができるのかという軸と地域活性化やその地への愛着や誇りをもってもらうためのプロジェクトだということです。詳しくは、その時期が来た時に披露させていただくとして、話自体はとんとん拍子で進んでいます。

動画制作も行うことになり、少し面白い試みになるはずです。

これ以外にも、二つのプロジェクトを検討しており、これは軌道に乗れば、来年1月には立ち上がっている予定です。

 このように、複数のプロジェクトを検討、実施していく中で、もっと大きな仕掛けが打てるような基盤づくりをしています。

地域の名士との連携を今後どのように図ることができるかを模索しながら、新しい試みをトライします。

そんなブリーフィングセッション(報告会)やディスカッションの場を多く取るように心がけています。

地域情報誌とうまく連携し、地域がより魅力に感じ、関心をもっていただくように努めていきたいです。

少しずつ実現性が高くなってきました。

◎#6 script and Break(reception/briefing session/discussion)

すずめ横丁さん

鳥プロジェクトとの商談の後は、名駅南エリアにある別のクライアントが選定した焼き鳥の店で会食。ニンニクがよく効いて美味しかったです。

ローカルの間

The "Locals Lounge" edites it about locals, local attractive point, regional activation of Japan and posts it. “地域資源”が”地域価値”となるようなモノコトを探索します。 コンシャスネス・トゥ・ディストリクト ローカルズナレッジ(NPO)